2軸クロールで速く泳ぐ

従来のクロールの1軸クロールの泳法では、
体の中心を軸にしてローリングしながら泳ぐことで、
体全体がプレてしまいます。
その結果、従来の1軸のクロールで泳ぐと余計な抵抗が増え、
スピードが殺されてしまい、
推進力も得にくくなります。
一方、最新の2軸クロールだとまず第一に体が安定しますから、
ストリームラインが崩れにくく余計な抵抗が生まれにくくなります。
体幹が安定していればプルもキックはやりやすくなり、力強くもなります。
つまり、2軸クロールは水の抵抗を減らしつつ、
効率よく手足の力を推進力につなげられる泳法だということです。
理にかなった合理的な泳法なのです。
コチラの動画では2軸クロールで多くのオリンピック選手を
輩出している藤森コーチが動画で2軸クロールのマスターに向けて
指導してくれています。



最新の2軸クロールを直接藤森コーチから教えてもらえるのは
難しいことです、日体大とJOCのコーチを兼任されている多忙な方なので
今回2軸クロールを今以上に一般の人に広めるためにこのDVD動画を発売しました。
日本のトップスイマーが2軸で泳いでいるのはやはりこの泳法の方が
従来のクロールよりも速く泳げるからです。
ぜひこの2軸クロールをマスターしてタイムを更新してください。







posted by クロール速く泳ぐ方法 at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | クロール速く泳ぐ方法